【スポンサードリンク】-

スポンサードリンク

タクシーで

タクシーを使うのは、ちょっと怖いですか?
空港や駅の、タクシー乗り場から乗れば、大抵大丈夫だと思います。
でも、メーターはきちんと見てくださいね。

 

タクシーは、英語と同じ「taxi」(タクスィ)です。
看板も見つけやすいですね。

 

タクシーの運転手さんは、ほとんど英語が通じません。
行き先を大きな声でイタリア語で言いましょう。

 

空港や駅は、空港名や駅名を言うよりも、まず、
「Aeroporto!」(アエロポルト!)『空港!』
「Stazione!」(スタツィオーネ!)『駅!』
と伝えてしまいます。
伝わった後に、
「Stazione Santa Maria Novella」(スタツィオーネ サンタ マリア ノヴェッラ)
と確認のために言っておきます。
これは、どう言えば伝わりやすいか、という話なんですが、
私は先に、わかりやすい言葉を言ってから、後で確認する方式です。

 

ホテルの場合は、ホテル名と通り名を言うと、伝わりやすいです。
「Hotel Genova.Via Cavour.」(ホテル ジェノヴァ ヴィア カブール)『ジェノヴァホテル。カブール通り。』
「via」は『〜通り』の意味です。

 

イタリアのタクシーの運転手さんは、
鼻歌歌ったり、好きな音楽をガンガンかけたり、自由です。
しかも、みなさんスピードぶっとばしますね〜。