街歩きに便利な単語記事一覧

イタリアに着いたら、どの街に行きたいですか?ローマ(Roma)、フィレンツェ(Firenze)、ミラノ(Milano)、ヴェネツィア(Venezia)?有名な街だけでなく、これらの都市から、バスで小さな街へ行くのも楽しいですよ。移動で一番大切なのは、目的地の地名をはっきりイタリア語で言えること!です。大丈夫ですか?英語読みとごっちゃになってませんか?それから、「ツェ」「ツィ」の発音は、大げさなくら...

タクシーを使うのは、ちょっと怖いですか?空港や駅の、タクシー乗り場から乗れば、大抵大丈夫だと思います。でも、メーターはきちんと見てくださいね。タクシーは、英語と同じ「taxi」(タクスィ)です。看板も見つけやすいですね。タクシーの運転手さんは、ほとんど英語が通じません。行き先を大きな声でイタリア語で言いましょう。空港や駅は、空港名や駅名を言うよりも、まず、「Aeroporto!」(アエロポルト!)...

美術館で、私が覚えておくと便利だと思うのは、ズバリ、「uscita」(ウシータ)『出口』です。え、それは・・・、迷うからです。私が方向音痴なだけですかあ?でも、空港など,よく出てきますから便利ですよ。反対に、入口は、「entrata」(エントラータ)これは英語の「entrance」に似ていますね。入口でチケットを買う場合は、1「uno」(ウノ)、2「due」(ドゥエ)、3「tre」(トレ)と人数を...

ホテル「hotel」(オテール)は、基本英語が通じますから、それほど心配はいらないと思います。ただ、挨拶と部屋番号は、イタリア語で言えると、楽しくコミュニケーションができます。Buongiorno!(ブオンジョルノ!)『おはようございます』『こんにちは』Buona sera!(ブオナ セーラ!)『こんばんは』 Grazie!   (グラッツィエ!) 『ありがとう』部屋番号は、例えば「113号室...

トラブルには出会いたくないですが、出会ってしまったときのために、準備は必要です。パスポート、航空券はコピーをして、原本とは別で保管し、カードの番号と、トラブル時のもろもろの連絡先は、控えておきましょうね。嫌ですけど、多いのがスリ。泥棒 「ladro」(ラードロ)警察 「polizia」(ポリツィーア)ただ、スリにあったら、「Ladro!」でも「Thief!」でも「泥棒!」でも、大声出すしかないです...