【スポンサードリンク】-

スポンサードリンク

レストランで 〜食べ物編

よく言われるのは、
イタリアのレストランは量が多い!
これは、本当です。

 

メニュー「menu」(メヌー)は、以下で構成されています。

 

前菜  「Antipasto」 (アンティパスト)
第1皿 「Primo Piatto」 (プリモ ピアット) ※パスタ料理など
第2皿 「Secondo Piatto」(セコンド ピアット)※肉や魚のメイン料理
付け合わせ「Contorno」 (コントルノ)
デザート 「Dolce」 (ドルチェ)

 

もちろん、全てから一つを選ぶ必要はなく、食べたいものだけチョイスします。
一人2皿程度で満腹だと思います。

 

メニューを解読するのは大変ですが、
わかりやすくておいしいメニューをご紹介しますね。

 

■前菜「Antipasto」
・生ハムとメロン 「prosciutto e melone」(プロシュット エ メローネ)

 

※「prosciutto」は『生ハム』です。ピザ「pizza」の具にもよく出てきますよ。
 「e」は英語の「and」の意味です。覚えておくとけっこう便利です。

 

■第1皿「Primo Piatto」
・スープ 「zuppa」(ズッパ)

 

※パスタ系は、メニューを声に出して読んでみると知ってるものが多いですよ。

 

■第2皿「Secondo Piatto」
・ビーフステーキ「bistecca」(ビステッカ)
・フライ 「fritto」 (フリット)

 

※肉類「carne」(カルネ)と、魚介類「mare」(マーレ)もしくは、「pesce」(ペーシェ)
 に分かれていることが多いです。

 

■付け合わせ「Contorno」
・サラダ「insalata」(インサラータ)

 

■デザート「Dolce」
・アイスクリーム「gelato」(ジェラート)

 

※パンナコッタやティラミスはそのまま通じます。
 ちなみに発音は(ティラミスゥ)です。


 

 

レストランで 〜食べ物編関連エントリー

カフェで
レストランで 〜飲み物編