【スポンサードリンク】-

スポンサードリンク

カフェで

例え、グループ旅行であっても、カフェ(Caffe)には入りますよね。
個人旅行ならなおさらです。
1日中歩きっぱなし、ということが多くなりがちなので、
しっかりカフェで休憩しましょうね。

 

テーブルに座る場合は、ウェイターに人数を言います。
もしくは、テラスなどの場合は勝手に座るとウェイターが寄ってきます。

 

人数は、数字を言いながら、指で出すと伝わりやすいです。
やはり、ボディランゲージとの合わせ技が大切です。

 

1 「uno」 (ウノ)
2 「due」 (ドゥエ)
3 「tre」 (トレ)
4 「quattro」 (クワットロ)
5 「cinque」 (チンクエ)

 

飲み物はおなじみのものが多いですよね。

 

メニュー 「menu」(メヌー)

 

カプチーノ  「cappuccino」(カプチーノ)
エスプレッソ 「caffe」または「espresso」 (カフェ)(エスプレッソ)
→いわゆる小さいエスプレッソカップで出てきます。

 

ミルク    「latte」   (ラッテ)
紅茶     「the」    (テ)
ミネラルウォーター「acqua minerale」(アクア ミネラーレ)
→ガス入り 「con gas」(コン ガス)
 ガスなし 「naturale」 (ナトゥラーレ)ですが、「no gas」(ノー ガス)で通じます。

 

アイスクリーム 「gelato」(ジェラート)

 

わからないものは、
これは何ですか? 「Che cosa e questo?」(ケ コサ エ クエスト?)
といって指差します。
→私の場合ここは「Che?」(ケ?)だけで通じさせます。

 

たいてい、一生懸命説明してくれるか、
こっちにきて見てみろ、と見せてくれますよ。